巨人軍奮闘記-「希望はないが、金ならある」-

プロ野球、とりわけ読売ジャイアンツについて語ってます。

巨人軍 交流戦を終えて

[巨人軍 交流戦を終えて]

 

 6月も終わりが近づき、約1ヶ月に及ぶ交流戦が終わりを告げた。例年同様パリーグの強さを見せつけられてセリーグは案の定負け越した。それでもヤクルトが交流戦優勝を果たすなど、以前とは一味違う交流戦になったのではないか。

 そんな交流戦をひとまず振り返ってみようと思う。

巨人は18試合を行い8勝10敗と負け越してしまった。シーズンに合わせると64試合30勝33敗1分とこちらも負け越していることがわかる。交流戦前は1つの借金だったものが3つまで増えてしまったことは状況としてはあまり良くない。しかし、リーグ戦再開後の明るい希望は以前よりも増えた気がする。

 

 

 まずは先発投手陣。球界のエース・菅野智之交流戦前で完投4つ、防御率2.08はエースとしての役割を完璧に担っていた菅野。昨年は交流戦で滅多打ちを食らったが今季は完封勝利を鬼門の千葉でのロッテ戦で成し遂げるなど巨人以外の11球団から勝利を挙げるなど節目となる交流戦になったはずだ。田口も最終登板では8回1失点完投と今季1番の快投を演じた。試合には負けてしまったからこそ、次回登板は何が何でも無失点に抑えてやると意気込んで投球してほしいと切に願う。どすこいも以前よりゲームを作る能力は発揮できている。もともとスタミナには定評があった山口俊は不調のリリーフ陣を助ける役割を担ってくれている。7回を平均で投げ抜いてくれる先発はこのご時世そういないのが現状だ。マイコラスの抜けた穴はあまりに大きく、深いが少しでも埋めようと活躍する姿はチームに大きな貢献をもたらしている。

 以上の3投手は交流戦前から登板していた投手だが、交流戦で出てきた投手、消えた投手もいる。

 まずは古参ファンなら嬉しい復活を遂げた内海哲也だ。黄金期を支えたかつてのエース左腕は今季見事に復活を遂げている。以前までは放ることのできた140km/h中盤から後半の直球は影を潜め、多彩な変化球は全盛期ほどのキレはなくなってしまった。しかし、それを受け入れ黙々と緩急を用いてコーナーをつき、素早いクイックでランナーを牽制し、粘り強く投げるその姿はまさしくエース内海そのものであった。自身の勝利よりチームの勝利を心から願う内海の心はルーキー大城にも伝わり、見事なサヨナラ打で勝ちを納めた試合があった。喜びを爆発させ、ベンチの雰囲気を明るくすることのできるベテランがいるチームは強い(新井さんを見て確信)(顔も似てるし)。さらにルーキー鍬原もプロ初登板を果たし、3戦目となった登板では初勝利を挙げるなど今後に期待大の投球を見せてくれた。防御率は5点代とあまりいい印象がない方も多いだろうが、期待せざるを得ないポイントは奪三振率にある。17.2回を投げて23Kとイニング以上の三振を取れる先発は貴重だ。勿論各チームが対策を行えていない新人である点も考慮しなくてはならないが、アマチュア時代から定評のあった変化球と直球のキレはプロでも通用すると本人には映ったのではないか。今後たくさんの試合数を積み、試合に慣れることでさらなる活躍ができることを筆者は切に願う。

 

 ではリリーフ陣はどうだろうか。現在1軍に帯同しているメンバーではマシソン、澤村、田原、谷岡は良くやってくれている。上がったばかりの森福には層の薄いリリーフのサウスポーとして1イニングを任せられるまでに信頼を勝ち取ってもらいたい。支配下登録されたばかりのアダメスは期待と不安が入り混じる開幕前状態のためノーコメントだ。問題はカミネロと上原だ。正直なところ上原を1軍においておく意味は何なのだろうか。やはり契約上落とせないのだろうか。成績不振は勿論のことだが何せサウスポーのリリーバーが少ない現状から脱却するには上原orカミネロのどちらかは入れ替える必要があると考える。何も素晴らしい成績を残している投手に対してバランスを考慮して入れ替えろだなんて傲慢なことは言っていない。年食ったおじさんの活躍は勿論見たいが若手の躍動が旨いと知った2018年巨人ファンは脳内若手育成に舵を切っている。カミネロを落とすとクローザー不在問題へ話が移ることを考えると今上原に過度な期待はできない。お友達首脳陣には酷な話となってしまうのか。シーズン終了が楽しみだ。

 

注意 この文章は読売ジャイアンツ交流戦終了時の成績です。リーグ戦再開後の成績とは合わないことがありますのでご注意ください。

お久しぶりです。 お忙しです。

久しぶりの更新となってしまいました…。

いわゆる五月病ってやつですかね(違います、純粋に時間がなかった…)

時間がないと言うことは野球を見る時間もないと言うことでして、正直ネットに載るニュースぐらいでしか結果や内容を見ることが叶いませんでした…。

しかしようやく最近になって閑散期を迎えることができまして(?)試合を見る余裕も作れました。しかしなんと言えば良いのでしょうか。4月ごろは打って打って打ちまくり、敗れる…みたいな試合を見ていたはずなんですが、気づけば最下位or5位転落と言う悲劇。

 あれ?ここ1ヶ月何が?と思ってしまいました。

どうやら野上・吉川光夫は2軍調整を命じられ、田口は相変わらずのピッチング。また、ゲレーロ・マギーと言った助っ人が思いの外働かないお馴染みパターンときたものです。菅野しかいない先発陣に炎上わっしょいのリリーフ陣(どすこいごめんね)、得点圏では打てません打線では勝てる試合も勝てないか…と納得の内容でした。

 

しかし、少しだけ暗いムードの中にも明るい話題がありました。

ドラフト1位ルーキー鍬原と元エース内海の活躍です。

3軍スタートだった鍬原がこんなにも早く1軍で見られるとは正直思ってませんでした。もちろん2軍での活躍ぶりはTwitterなどで教えてくれる人もいますが、しばらくかかるのかなぁと思っていたもんで(悪く言えば台所厳し杉内)。初登板と2試合目の登板内容は正直手放しで褒められるものではなかったのですが、30歳前後の投手に同じことされるより何倍もマシです。期待と希望が違います。

そんなオーバー30歳投手にもついつい応援してしまう投手はいるもんでして。

内海哲也。彼の復活ほど嬉しいことはありません。

堀内政権、原政権を引っ張ってきた左のエースはここ数年。思ったような活躍はできてはいませんでした。加齢による衰え、球速が全盛期より数段落ちた、キャンプでも2軍スタートを経験するなど加藤球時代に快刀乱麻のピッチングを繰り広げた彼の姿をもうファンは見ることができないのかな。そう思っていた2018年シーズン。

そんな不安をよそに若手に混じり、川崎で必死に、ひたむきに投球する彼は見事復活を遂げ、東京ドームのマウンドに帰ってきました。

昨日の対西武戦では7回を2失点に抑える見事な投球。同じ左腕の田口や吉川光夫には見習ってほしい大人なピッチング。粘りづよく投げ、チームを鼓舞した結果、チームは見事サヨナラ勝ち。山賊打線と恐れられるパリーグ最強打線に屈しなかった男のピッチングがチーム上昇のきっかけを作った、そうシーズンが終わったときに言いたいなと心の底から思いました。

 

今回は小並感溢れる筆者感想文ですが、どうかお許しを。これからたくさん巨人戦を視聴して、分析して行きたい所存です。

それではまた…

巨人軍、待望の若手の台頭 -岡本和真-

巨人軍、待望の若手の台頭 -岡本和真

 

 「読売ジャイアンツは若手が育たない」

 そう言われ続けてもう何年も経っただろう。

 しかし、2018年のジャイアンツは今までとは違う。そう思わせてくれる若手に着目して書いて行こうと思う。今回は岡本和真編。

 

 2014年、読売ジャイアンツのドラフト1位指名を受けたのは大田泰示以来の高卒野手だった。大田泰示東海大相模高校から巨人軍へ入団し、背番号はなんとあの松井秀喜が背負った「55」番だった。期待の大きさを語るには十分すぎる背番号。その重圧に苦しめられた大田は結局巨人では花を咲かすことなくトレードにより移籍してしまった。

 同じように岡本も期待され、重圧に苦しめられてしまうのではないか。長嶋終身名誉監督の背負った背番号「3」と当時監督を務めていた原辰徳元監督「8」

を合わせた「38」を背負い、入団した彼に巨人ファンは不安と期待でごちゃごちゃになっていたはずだ。

 むしろ大田泰示の例からして巨人で高卒野手は無理だろう。大型の大砲素質型は巨人では育てることができないはずだ。そんな風に悲観的にドラフトを見つめていた方も多いかもしれない。

 事実、入団以来1年目こそ巨人では松井秀喜以来の高卒1年目ホームランを放ち、華々しい1年目を過ごしたに見えたが以降のシーズンでは期待に応える活躍をすることはできなかった。

 

 しかし今シーズンの岡本和真は一味違う。昨年オフにベテラン村田修一戦力外通告を言い渡し、若手育成に舵を切った読売ジャイアンツの顔として岡本は大きな期待を背負った。背番号も村田がつけていた「25」番に変更し、キャンプから1軍に抜擢され、オープン戦では4本塁打に12球団トップの15打点と活躍をした。

 オープン戦の活躍が認められ、雲の上すぎる大先輩・阿部慎之助との開幕ファースト争いを見事に制し、6番ファーストでシーズンを迎えることとなった岡本。

 開幕戦こそ快音を響すことは出来なかったが、続く2戦目には4打数4安打1ホーマー5打点の大活躍。プロ入り初の猛打賞を記録した。以降も勝負所で力を発揮し、打線好調の一因となっている。

 滞空時間の長い放物線を描いたホームランは間違いなく持って生まれたアーチストとしての素質であり、大砲候補として素晴らしい活躍を見せてくれている。

 変化球に体が突っ込んでしまったり、読みを間違えて差し込まれる場面も多々見受けられるが、それでも全力フルスイングを貫いている姿勢は昨年まで「コンパクト」を死ぬほど見せられていたファンからしたらこれほど嬉しい若手の姿は無いはずだ。シーズンを通して活躍することの難しさはいずれ訪れることだろう。しかし、それを乗り越えなければレギュラー野手として将来はない。乗り越えさせてあげられるように首脳陣には辛抱強く起用していただきたいし、岡本自身もこいつならやってくれると見せつけて欲しい。

 

 巨人の未来は岡本にかかっている。

巨人軍、待望の若手の台頭 -吉川尚輝-

 「巨人は若手が育たない」

 そう言われ続けてもう何年も経っただろう。

 しかし、2018年のジャイアンツは今までとは違う。そう思わせてくれる若手に着目して書いて行こうと思う。今回はセカンド編。

 

 

 長きに渡り、読売ジャイアンツにとって最大のウィークポイントであったセカンドのポジションに遂に若手が乗り込んできた。2016年ドラフト1位で入団した吉川尚輝だ。

 ルーキーイヤーだった2017年シーズンは5試合のみの出場に終わったが、今季はキャンプから快音響かせ、オープン戦ではチーム最多出場を果たし、見事開幕スタメンの座を手につかんだ。昨季、スタメン野手の平均年齢が約32歳と高齢化の進むジャイアンツにとって待望の若手野手の台頭だ

 

 アマチュア時代、中央学院大学に所属していた吉川尚輝は走攻守ともに定評があり、特にディフェンス面に関しては大学の先輩である広島の菊池選手を彷彿とさせるプレーを展開してきた。また、大学時代に中央学院大学を同校初の全日本大学野球選手権出場への原動力となり、初優勝も果たすなど度胸と実力の兼ね備えた好プレイヤーだった。

 恵まれた体格ではないもののパンチ力のある打撃に広範囲を守ることのできる観客を魅了する守備。巨人には一芸に秀でた若手選手があまりいない現状を見ると吉川の存在はひときわ目立つものとなっている。

 ショートもセカンドも守ることが出来るが、プロ入り後はショートには不動の坂本が君臨しているためセカンドを主戦場としている。50m走5.7秒の俊足を生かしたダイナミックなプレーはコンバートした今でも脅威だ。

 

 現在低迷に喘ぐジャイアンツにとって上へ上へと上昇させてくれる原動力というのは非常に貴重な存在であり、これからのジャイアンツの未来を背負って立つ存在になるだろう。 

 開幕から10試合以上を消化した巨人軍。波に乗れず低迷しているこのチーム状況を打開するためには若さという力は非常に大きな力を持つだろう。流れを作り、嫌な流れは断ち切る。そんな機体を背負わされるのは酷だが、堂々と失敗を恐れずにのびのびとプレーをしてもらいたいものだ。まだ1軍1年目のシーズン。攻守ともにミスが出ることも多々あると思われる。そんなことはいちいち悲観しないで同世代の若手野手陣と切磋琢磨し、未来のジャイアンツを明るいものにして欲しいと、ファンは切に願う。

どうなる。 2018年巨人軍

 3/30を皮切りに開幕した日本プロ野球。海の向こうでは大谷翔平選手が3試合連続ホームランに7回途中まで完全試合を未遂するなど早くも日本の怪物が世界に名を轟かしている。

 一方で日本のプロ野球界も負けずに熱闘を繰り広げている。西武ライオンズが開幕から連勝を続け、打ち勝つ野球を辻監督のもとでしているのは実に面白く、昨年の圧倒的覇者ソフトバンクホークスがどう立ち向かって行くのか、ルーキーの活躍が目立つ井口新監督率いる千葉ロッテ、毎年のようにダークホースに挙げられるオリックス、故人・星野仙一さんの暑い魂を引き継ぎ優勝を目指す楽天や大谷の抜けた日本ハムの戦いなどそれぞれに魅力が詰まっている。

 

 セリーグに目を移してみよう。V2状態の広島は上々のスタートを切り、怪我人が例年より減り、青木の帰ってきた打線が頼もしいヤクルト、松坂の実戦復帰に湧く中日に、先発陣の怪我によるで遅れが懸念されているDeNA、ベテランと若手の共闘の目立つ阪神、そして菅野・田口の炎上が目立つ巨人。

 

 一体、今季の巨人に何が起きているのか。今回はそれに関して書いて行こうと思う。

   

 

 

どうした菅野、まさかの炎上。

 

 巨人の開幕投手はいつものように菅野智之が務めた。ファン目線からすれば悪くて7回2失点、よければ完封をと期待していただけにまさかの7回5失点。これが開幕戦というものかと割り切って2戦目はやってくれるだろう、そう信じていた矢先の対ヤクルト戦での大炎上。

 これは本当に沢村賞を昨年獲得した菅野の姿なのか。東京ドームと神宮でその現実を見せつけられたファンは心底絶望しただろう。スピードが落ちたわけではなく、強いていうなら変化球が高めに甘く入る印象のこれまでの試合。それほど大炎上するような内容には見えないからこそ歯がゆいファン。もちろんこの現状に誰よりも悔しいのは菅野智之自身だろう。開幕してから波に乗れていないチームの一要因となっていることは重々承知しているはずだ。

 菅野投手の背負う背番号19を10年間背負ってきた大投手・上原浩治が海の向こうから帰ってきた。もう昨年のように一人で重圧を背負うことはない。菅野投手と同じように抜群の制球力を武器に長年戦い続ける大先輩投手の力を借り、チームのための普段通りのピッチングを我々ファンに見せつけて欲しいものだ。

 

田口、お前もか。

 

 昨年の巨人の明るい話題といえば若手左腕の田口が躍動したことだ。2年連続の二桁勝利をあげることのできる左腕はそう簡単には現れない。ましてや育成に関して悪い話しか聞くことのない巨人からそんな投手が出てくるなんてと思うファンも多いだろう。アンチはきっと「田口は元から良かった」というに違いない。

 ではなぜ今季の田口は良くないんだよと言いたくなる。まだ2試合、されど2試合。負けたことではなく、あまりにも内容が昨年の田口と異なり悪いということに多くのファンは感づいていることだろう。

 彼の持ち味は唸りを上げる豪速球でもなく、大きく曲がる変化球でもなく、四隅にズバッと決め込むコントロールと切れ味の鋭い変化球だ。それが今年2試合は影を潜めている。130km/h前半の速球がアバウトに投げ込まれ、甘く入ったところを痛打され、カウントを取りに行った変化球が高めに浮き、痛打。そんなシーンを昨年はあまり見ることがなかった。

 プロは3年やって一流とはよく言ったものだと逆に関心してしまう。このままでは1.5流の良くいる巨人の投手に成り下がってしまう。2桁勝利を連続で成し得た左腕田口。俺の実力はこんなもんじゃねぇぞと我々ファンに見せつけて欲しい。

 

おかえりなさい KOJI UEHARA

 

 待望の瞬間だった。オープン戦最多動員数を記録した上原浩治の日本球界復帰後初登板戦。地響きの如くうねりを上げる大歓声が満員の東京ドームを揺らした。お馴染みとなった登場曲「Sand Storm」は巨人ファンはもちろん野球ファンなら興奮したに違いない。3月途中にに入団が決定し、調整を急ピッチで進めた大投手はいとも簡単に相手打者を抑え、見事ファンの期待に応えて見せた。生年月日が全くの一緒という縁のある高橋由伸監督が上原の名前を告げ、颯爽とマウンドに上原が上がる姿を10年前に誰が想像しただろうか。

 近年低迷中の巨人を救うべくメジャーリーグから復帰した時の会見で、「巨人というチームは強くないといけない」と上原浩治が語る姿に、並並ならぬ強い使命感を感じた。同世代の由伸・上原、さらには二岡に井端。時代を彩った歴戦の名選手が巨人のベンチ、ブルペンには揃っている。これほど頼もしいベテランはいないだろう。

 今年の巨人は昨年までの巨人とは違う。そう思わせてくれるプレーを上原には期待せざるを得ないだろう。 

 

今回はこれまで。

次回は若手について書きます。

それではまた。。。

 

 

 

 

追記:高木投手、仕事しろ。

 

 

 

 

 

球春到来しとるやんけ。

 お久しぶりです。

気づけばプロ野球は春のキャンプが到来し、もうオープン戦が始まる時期になってしまっていました。

昨シーズン期待の持てた若手が軒並み2軍で練習をしている巨人の未来は明るいのか、明るくねぇっての。と、自問自答していた2月。実際に宮崎・沖縄に足を運ばれた方はいらっしゃいますか?

 

2018年の春のキャンプでよく目にした、名前を聞いた選手を挙げるとすれば坂本、菅野、阿部の所謂「チームの顔」以外では個人的に「吉川尚輝・重信・田中弟」の3選手かなぁと思います。岡本ももちろん松井秀喜臨時コーチがいらしていた時は名前を聞きましたが正直彼個人と言うよりかは松井が指導したから名前をよく聞いた気がします。一方挙げた3選手は個人の練習、実践での結果や取り組みによって名前を聞いたような気がしました。完全に主観ですが・・・。

 

 吉川尚輝は2016年の元ドラ1野手。昨季は怪我でシーズンの大半を2軍で過ごしましたが、最終戦でプロ初ヒット初盗塁を記録するなど来季への期待を膨らましたドSなシーズンとなりました。その期待を背にオフには若手のイースタン選抜として海外選手と対戦し、一回り大きくなり2017年を終え、更にキャプテン坂本と共に自主トレで肌が真っ黒になるまで練習をした吉川尚輝。首脳陣、主将、ファンの期待を一斉に背負っている若手といっても過言ではないでしょう。というか他にいないのが現状。

 とか思っていたら同じ内野手として今キャンプで一気に台頭してきたルーキー田中俊太。実の兄は今や広島の人気選手となった菅野の元同級生・田中広輔。高校、大学、社会人時代の全てで日本一を経験した野球エリートはプロでも優勝請負人となれるのか。なれるだけのポテンシャルは確実にあると思わせる野球センスを存分に見せつけてくれた田中俊太のプロ一年目は日本何位になるのか。今後のオープン戦を含めて是非とも野手陣の尻に火をつけて欲しいものだ。

 

そして最後に重信慎之介外野手。所謂賭博ドラフトの2位選手。早稲田大学時代には快速とその打法で名を轟かしたがプロはそう甘くはなかった。同大学出身で同期に当たる楽天の茂木栄五郎は既に楽天の未来を背負う有望野手にまでなってしまい、差を広げられた感は否めない。それでもまだ3年目。異例の年俸アップを勝ち取ったことからフロントは重信、君のことを本気で期待しているはずだ。走塁のできない鈴木尚広だなんてもう言わせてくれるな。しっかりベースは踏んで、自分の足でホームベースを幾度となく踏めるような選手に今季はなってくれ。批判は正直昨シーズンに死ぬほどした。大卒2年目で化け物のような成績を残した現監督の高橋由伸には到底及ばない打力なのは自他ファンの全てが分かっている。小細工でも何でも良いから塁に出て、本塁をたくさん踏め、例えそれが自分の活躍で塁に出なくてもだ。

 

頑張れ若手。なんだかんだ言って若い子には期待しちゃうもんなんだ。

オリンピックもたくさんの若い子が素晴らしい活躍してたしね。もう毎晩見てたら巨人の若手も。。。とか思っちゃうわけよ。それではまた。

今年もよろしくお願いいたします。

 昨年末は、多忙な為に年を締める記事が作成できずに年を越してしまいました。

今年は去年よりもペースを上げてたくさんの方に見てもらい、共感、反感してもらえるような巨人やプロ野球の話題を記事にしていこうと思っています。何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 さて、日本のストーブリーグに落ち着きが見えてきた1月初旬。MLBのFA市場はこれからですが日本のFA市場は一足先に終了しました。年の瀬恒例となった「プロ野球戦力外通告を受けた男たち」もしっかりと視聴して元巨人の実松捕手と育成の高橋選手の次なるステージでの活躍を楽しみにしているわけですが、まだ次のステージが決まっていない選手がいますよね。

そう、村田修一(37)選手です。松坂世代の一人として活躍を続けていたベテランは昨季終了時に戦力外通告を味わった。「戦力外」といえば聞こえは悪いがニュアンス的には「自由契約」の意味合いの方が強かった。戦力外といえば、その球団にとって戦力として見ていないことをさす事が多いが、自由契約となると年俸面での折り合いや、チーム事情から渋々来季の契約は出来ません、などの理由をつけることが出来る。村田自身の年俸も年齢の割に高額だったことを含めFA移籍でチームを去るよりも本人のためになると巨人側が「思いやり」を見せた格好だった。

そもそも村田を自由契約にした理由は何だろうか。正直言ってまだまだバリバリの第一線で活躍できる打棒はあるし、守備範囲こそ若手の守備の上手い選手には引けを取るが、正確なスローイングや正面付近の打球には滅法強い。そんな選手が切られたのは間違いなくチーム事情だろう。

2017シーズン、巨人は11年ぶりのBクラスに終わった。球界の盟主だ何だと格好つけていたかつての常勝軍団は広島やパリーグソフトバンクホークスと大きな力の差が出来てしまった。勿論例を挙げればきりがないが特に差が出ているのが「若手野手」だろう。20代野手すら希薄な選手層の巨人の最大の課題はそこにあるわけで、勝利と育成の両立ができない今、岡本和真を本格的に育成しなくてはと言う巨人の強い意志が感じられた。つまり村田はチームの新陳代謝の犠牲になったのである。年齢、現在の選手としての能力を見るだけならば阿部慎之助よりは打ちそうだし守れる感は否めない。けれど流石に次期監督候補の選手に戦力外通告なんてできる訳もなく、今回村田選手は犠牲になったのだ。昨季、シーズン序盤に出番の少なかった村田本人はもしかしたらと思っていたかもしれない。マギーを獲らなければ村田の戦力外通告はなかったかもしれない。しかし、それはタラレバの話。現実の村田は確実に野球人生の岐路に立っている。松坂世代2000本安打への最後の希望。本人はもちろん、彼に夢を託している同世代のためにも何とかNPBに所属し、現役を続行してもらいたいものである。

 

それと岡本、事故起こしている場合じゃないだろ・・・。